煙と蜜 第一集

著者:長蔵ヒロコ

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    花塚姫子12歳、土屋文治30歳。ふたりの関係は「許婚」だった――。西洋のモダンな文化が広がり始めた大正時代。華やかで活気に溢れたその空気の中で、「文治さま」「許婚殿」と呼び合うふたりは、18の歳の差を超え、ゆっくりと愛を育んでいく。『ルドルフ・ターキー』でアメリカ黄金期を活写した長蔵ヒロコの最新作は、濃厚で芳醇な愛の物語。読切掲載時に熱狂的な支持を得て連載化が決まった本作、待ち望まれた第1巻がついに刊行!!

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.4
    7
    5
    3
    4
    4
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/09Posted by ブクログ

      年の差恋愛物。大正時代の名古屋を舞台に、年の離れた許嫁の日常が描かれる。
      飄々としているが紳士的で男らしい軍人の文治と、一生懸命な良い所のお嬢さんの姫子のギャップが見どころ。多くの話で姫子の屋敷がかな...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/01/12波を乗せて
      おじさんと幼女の恋愛物語

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/01/02しろねこだま
      こんな男になりたかった。

      姫子さんの可愛らしさを堪能しようと購入したのに、文治さんの存在感がそれをさせてくれない。
      一本芯の通った大木のように頼れる男。
      文治さん、カッコ良すぎでしょう。

    開く

    セーフモード