ヴァラエティ

奥田英朗

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    迷惑、顰蹙、無理難題。人生、困ってからが面白い! 奥田英朗の蔵出し短編集! 貴重な対談2本も収録。脱サラで会社を興した38歳の社長。渋滞中の車にどんどん知らない人を乗せる妻。住み込みで働く職場の謎めいた同僚……。微妙な空気を絶妙に表現する奥田英朗ならではの人間ドラマ! 短編、対談からショートショートまで、あれこれ楽しい贅沢な一冊。コアなファンにも、はじめて読む人にもおすすめです。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(23件)
    • 2019/10/11

      イッセー尾形氏、山田太一氏との対談が載っていて、とても読み応えのある内容だった。

      短編は…
      社長の話は、2作でおしまいとするのは勿体ない感じ。
      住込みの話は、最後のネタばらしにびっくりした。
      高速道...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2021/04/03

      個人的には17歳の娘を持つ母親の葛藤がきめ細やかに描かれた「セブンティーン」
      奥田さん自身が短編の中で五指に入ると書かれている「夏のアルバム」がお気に入りです。

      自分も自転車の補助輪を外した頃の...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2019/11/02

      バラエティに富んだ短編集。作者らしいユーモアと温かみのある作品と、普通の人間が徐々に犯罪に巻き込まれていく作品の両方が楽しめる。
      個人的には最後の2つがよかった。特に、最後の作品(作者の実体験をもとに...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード