幕末暗殺

著:黒鉄ヒロシ

789円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時の大老・井伊直弼が襲われた「桜田門外の変」の衝撃に始まる幕末暗殺史。本書は、安政から明治初期という未曾有の国家の変革期に、対立する思想の激突が引き起こした様々な暗殺事件を、奇才黒鉄ヒロシがその時代の景色の中で俯瞰的に描き出し、幕末という時代を捉え直した作品である。構成は、まず「桜田門外の変」の全容を、綿密な史料検証によって、紙上に見事に再現する。そして「黒鉄歴画」の真骨頂、「人斬り」と呼ばれた5人の男たちの人間劇がつづく。5人とは岡田以蔵、田中新兵衛、大楽源太郎、中村半次郎、河上彦斎。この時代に生まれたがために「刀」を手にし、この時代ゆえにその使い道を「人斬り」に収斂していった各々の宿命をシュールに描き出していく。さらにブラックユーモアたっぷりの味付けによる、約140頁に及ぶ幕末暗殺年譜は圧巻。大ベストセラーとなった『新選組』、『坂本龍馬』につづく、「黒鉄歴画」シリーズの第三弾である。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.1
    7
    5
    3
    4
    2
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/06/17Posted by ブクログ

      中条新書から。
      こういう感じか~。個人的にあまり好きじゃない。読者としては、どういう層が対象なんだろ?詳しい人にとっては、各エピソードが短過ぎて物足りんだろうし、あまり知らない人からすると、ただの羅列...

      続きを読む
    • 2016/03/09Posted by ブクログ

      暗殺とは何だったのか
      マンガならではの説得力がある
      15代将軍 慶喜については知らないことが多かった

    • 2013/02/02Posted by ブクログ

      黒鉄ヒロシが描く岡田以蔵を読みたくて購入。
      「新選組」「坂本龍馬」そして「幕末暗殺」。
      3冊とも読むと幕末が立体的になってくる。

    開く

    セーフモード