ベルサイユのゆり―マリー・アントワネットの花籠―(新潮文庫)

吉川トリコ

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    まさか、わたくしの姿がお見えになるんですの? 2018年12月28日、ひとりのパリ旅行者が知らない女から声を掛けられる。女の名は、ランバル公妃。フランス革命で虐殺された、マリー・アントワネットの女官長だった。王妃への強い思いゆえ亡霊となった彼女は語り始める。王妃を愛し、王妃に愛された女人たちのことを――。世界中から嫌われた王妃を過剰な愛で綴る、究極の百合文学!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード