働く女子の運命

濱口桂一郎

815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    女性の「活用」が叫ばれて久しいのに、日本の女性はなぜ「活躍」できないのか? 社会進出における男女格差を示す「ジェンダーギャップ指数2015」では、日本は145カ国中101位という低い数字。その理由は雇用システムの違いにある。 ジョブ(職務)=スキル(技能)に対して賃金を払う〈ジョブ型社会〉の欧米諸国と違い、日本社会では「社員」という名のメンバーを「入社」させ、定年退職までの長期間、どんな異動にも耐え、遠方への転勤も喜んで受ける「能力」と、企業へ忠誠を尽くす「態度」の積み重ねが査定基準になりがちだ。 このような〈メンバーシップ型社会〉のもとでは、仕事がいくら出来ようとも、育児や出産の「リスク」を抱える女性は重要な業務から遠ざけられてきた。 なぜそんな雇用になったのか――その答えは日本型雇用の歴史にある。 本書では、豊富な史料をもとに、当時の企業側、働く女子たち双方の肉声を多数紹介。歴史の中にこそ女子の働きづらさの本質があった! 老若男女必読の一冊。本書の構成序章  日本の女性はなぜ「活躍」できないのか?第1章 女子という身分第2章 女房子供を養う賃金第3章 日本型男女平等のねじれ第4章 均等世代から育休世代へ終章  日本型雇用と女子の運命

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    19
    5
    4
    4
    10
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2015/12/30Posted by ブクログ

      ■BGとOL
       ・BGは1950年代末から60年代にかけて短期勤続の女子事務員を指す言葉として流行
      ■戦前と戦後を貫く女性労働の特色は短期勤続
      ■会社側から結婚退職制の採用とその理由が示された「住友セ...

      続きを読む
    • 2016/06/28Posted by ブクログ

      戦後の女性の労使関係史をまとめた新書だが、(戦後の)日本的労働観がその前提としてまとまっている良書。
      欧米の仕事内容が規定された労使関係は、もともと女性と男性のジョブを分け賃金格差もあった。1950年...

      続きを読む
    • 2019/06/05Posted by ブクログ

      働く女子の運命 濱口桂一郎 文春新書

      女性活躍推進法と言う
      愚かな管理法が作られた

      自主的な選択を無視した
      見かけ上だけの女の地位を
      上げる行政指導

      こんな無駄して嘘に苦しみ
      格差社会に逃げ込...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002152984","price":"815"}]

    セーフモード