燦 4 炎の刃

あさのあつこ

534円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    少年たちの葛藤と成長を描く、文庫書き下ろしのエンターテインメント時代小説シリーズ第4弾。「闇神波(やみかんば)は本気で我らを根絶やしにする気だ」。刺客、暗殺、陰謀。江戸で男が次々と闇から斬りつけられる中、燦(さん)はついに争う者たちの手触りを感じ始める。一方、伊月(いつき)は藩の代替わりの準備に追われるが、圭寿(よしひさ)の亡き兄が寵愛した美しき側室・静門院(せいもんいん)が面会を求めてきて……。「異能の一族」が持つ闇の歴史が蠢き始めた! いよいよベールを脱ぐ「闇神波」の正体。

    続きを読む
    • 燦 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      燦 全 8 巻

      4,368円(税込)
      43pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/13Posted by ブクログ

      【本の内容】
      <1>
      江戸から遠く離れた田鶴藩。
      その藩主が襲われた。
      疾風のように現れた刺客は鷹を操り、剣も達者な謎の少年・燦。
      筆頭家老の嫡男・伊月は、その矢面に立たされるが、二人の少年には隠され...

      続きを読む
    • 2020/07/13Posted by ブクログ

      少しずつ登場人物が揃ってきている。

      周りは、皆見た目通りでなく裏があり複雑な人間だが、伊月だけが単純で頑固な性格の様に描かれている。

      読者は伊月を通して物語を見ていくので、陰謀渦巻く雰囲気は十分に...

      続きを読む
    • 2020/07/13Posted by ブクログ

      神波には伝わっていない事が闇神波には伝わっているのか…
      闇神波は、実の母でさえ知らない圭寿の出自を知っているのか…
      …それにしても、伊月はどうなる…

    開く
    [{"item_id":"A002152440","price":"534"}]

    セーフモード