ガイユの書 薔薇の灰に祈りを

響野夏菜

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    すべては、行き場のない愛と死からはじまった……。北方の小さな町の旅宿<白羊亭>にひきとられひっそりと暮らす少女、ポーシア。彼女はじつは、おのれの過去を知らず、愛する者を失い、たったひとりこの世に放り出された<灰かぶり(ドルー)>――秘薬<薔薇の灰>のこどもたち――だった。正体が露見すれば不死の怪物として忌まれる身に、謎の追っ手がつぎつぎ忍びよる……。新・伝奇ロマネスク! ※イラスト・あとがきは収録されていません。

    続きを読む
    • ガイユの書 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ガイユの書 全 4 巻

      2,112円(税込)
      21pt獲得

    レビュー

    3.6
    6
    5
    1
    4
    2
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2006/08/09Posted by ブクログ

      響野さん久々のファンタジーです。
      イラストの方も好きだったので買おう買おうと思いながら早数ヶ月…。
      もう完結しちゃったので一気に読めると思えばいいのかしらん?

    • 2015/11/29Posted by ブクログ

       ゴシック的な雰囲気。
       魔術師と、魔術師によって死者蘇生された不老不死のドルーという存在がいて、彼らが中心の話。
       グロいというほどグロくもないが、楽しい雰囲気はない。
       主要人物全員、どうしたら笑...

      続きを読む
    • 2009/10/03Posted by ブクログ

      ガイユの書シリーズ1
      北方の小さな町の旅宿“白羊亭”にひきとられひっそりと暮らす少女、ポーシア。彼女は己の過去を知らず、愛する者を失い、たったひとりこの世に放り出された“灰かぶり”だった。正体が露見す...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002146693","price":"528"}]

    セーフモード