ガイユの書 薔薇の灰は雪に

響野夏菜

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ポーシアとルーが、雪嵐の中、導かれるようにしてたどりついたのは、王族に捨てられ、無人となったザイクルーヴ城だった。かつてナーシアとマイが暮らしていたその城で、ふたりはある物を発見する。一方、王太后宮の一室にひそかに集まったマイたちは、<天人(セレエ)>たちから、それまで語られることのなかった驚愕の真実を明かされることとなり――!? 新・伝奇ロマネスク、最終章! ※イラスト・あとがきは収録されていません。

    続きを読む
    • ガイユの書 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ガイユの書 全 4 巻

      2,112円(税込)
      21pt獲得

    レビュー

    • 2006/10/10Posted by ブクログ

      なんだかあっけなかった気がします。読み応えはあったのだけれど……。最初からそういう話だとは分かっていたもののやっぱり可哀相だなと。ポーシアが一応救いを得られたのはよかったです。一番不幸なのはルーかもし...

      続きを読む
    • 2006/09/27Posted by ブクログ

      そう来たかと。アーシア登場です。やっぱりルーがいい。ポーを守っている彼は本当にかっこいい。伝奇ロマネスク第二巻。
      じれじれ匂わせるだけ匂わせて以下次刊という。伏線はるのが上手いんだと思う。気になる所で...

      続きを読む
    • 2006/09/27Posted by ブクログ

      これだけ救いようがないといっそ清々しいです。まさに闇。衝撃的なネタがごろごろと出てきました。ダークなんだけどそこまでダークに感じません。淡々と書かれてる部分があるからかしら。アーシアも不幸だったんだな...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002146696","price":"528"}]

    セーフモード