P+D BOOKS 宣告(下)

加賀乙彦

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    死刑執行の朝を迎えた青年の魂の叫びと軌跡。楠本他家雄が入獄して16年目、ついに“お迎え”の日がやってくる。拘置所の若い医官で精神医・近木は、刑執行現場への同行許諾を得る。その日の朝、心のなかに喜びが立ち昇るのを感じた他家雄は、1年間文通を続けた女子学生・玉置恵津子に最後の手紙を書く。「きみのおかげでぼくの死は豊かになりました。ありがとう。そして、さようなら」。精神科医として東京拘置所医務部技官を務めた筆者にしか描けない、青年死刑囚の衝撃的な死刑執行現場の全行程。全3巻完結編。復刊にあたり、著者による新たなあとがきを収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード