P+D BOOKS 宣告(中)

加賀乙彦

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    死刑執行をひた待つ青年の“苦悩する魂”。楠本他家雄は良家に生まれ頭脳明晰でT大を卒業したにも拘わらず、無為放蕩な生活をくり返し、新橋にある「トロイメライ」というバーで証券会社の外交員を絞殺する。強盗殺人罪で逮捕され、一審の死刑判決を控訴せず刑は確定。だが他家雄は拘置所に入ってからカトリックに回心し、彼の手記に心を動かされた心理学専攻の女子学生・玉置恵津子と文通を始める。死刑囚として淡々と暮らす折り、連続女性暴行殺人犯の砂田市松の死刑が執行される。じわじわと迫り来る死を待つ恐怖におののく青年の魂の懊悩を描く、全3巻の中巻。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード