「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー―(新潮文庫)

高橋秀実

539円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    甲子園も夢じゃない!? 平成17年夏、東大合格者数日本一で有名な開成高校の野球部が、東東京予選ベスト16に勝ち進んだ。グラウンドでの練習は週1日、エラーでも空振りでもかまわない、勝負にこだわりドサクサに紛れて勝つ……。監督の独創的なセオリーと、下手を自覚しながら生真面目に野球に取り組む選手たちの日々。思わず爆笑、読んで納得の傑作ノンフィクション!

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    74
    5
    10
    4
    25
    3
    28
    2
    10
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/02/29Posted by ブクログ

      積読してた本を片っ端から読もうシリーズ24冊目。

      ドキュメンタリーとは言え、ドラマ化されたのだからと少なからずストーリー性を求めてしまった。
      やはり、小説とドキュメンタリーは違かった。
      取材がベース...

      続きを読む
    • 2020/02/19Posted by ブクログ

      開成高校の野球を作者目線で物語が進んでいきます。
      謳い文句はタイトル通りですが、強豪高校という印象が出る為、引っかかります。
      勿論、名門高校よりは弱いのですが.......

      ですが、考え方、実践方法...

      続きを読む
    • 2019/09/17Posted by ブクログ

      君たち、つべこべ言わずにボールを投げたまえ!バットを振って走りたまえ!
      と言いたくなるところだが、彼らはそういう人たちではない

    開く

    セーフモード