ドロヘドロ 14巻

林田球

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ▼第80話/アイコンタクト▼第81話/Demonの食卓▼第82話/ヘッドバンガーズ・ジャーニー▼第83話/グラウンド・ゼロ▼第84話/キリングフィールド▼第85話/モーフィン▼魔のおまけ ●主な登場人物/カイマン(魔法で爬虫類の頭に変えられた男。かけられた魔法は解け、現在は消滅)、ニカイドウ(カイマンの友達。「ホール」で食堂を経営している。武道の心得もあるし、実は「時を操る魔法使い」) ●あらすじ/リーダーである煙が殺され屋敷も失った今、煙ファミリーたちは十字目から姿を隠すべく、森の中の地下につくった秘密アジトで生活していた。屋敷のモルグから運んできた煙のバラバラ死骸を能井の魔法で修復した彼らは、ファミリーとしての今後を決めるべく話し合いをすることに。ひとまず「(1)何とか煙を生き返らせる」「(2)十字目のボスについて調べる」という方針が決まり…(第80話)。●本巻の特徴/謎に包まれたニカイドウの魔法が、ついに完成! 一方、十字目のボス・壊の命令によって始まった魔法使い狩りは凄惨の度をきわめ…!? ●その他の登場人物/壊(魔法の力の弱い十字目たちに崇拝されていた“ボス”。煙を殺害)、煙(“魔法使いの世界”のリーダーとして君臨してきたが、殺されてしまった)、心(煙の雇った殺し屋。先輩格。何でもバラす)、能井(煙の雇った殺し屋。後輩格。こちらは何でも直す)、毒蛾(懐の留守を守った十字目一派の中心メンバー)、カスカベ(「ホール」の世界の魔法の研究者。魔法で少年の姿に変えられた)、藤田(相方・松村とホールに魔法の練習に来て、カイマンに襲われた)、恵比寿(爬虫類の魔法を使う)

    続きを読む
    • ドロヘドロ 全 23 巻

      未購入巻をまとめて購入

      ドロヘドロ 全 23 巻

      21,230円(税込)
      212pt獲得

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード