戦乱と民衆

磯田道史 倉本一宏 F・クレインス 呉座勇一

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    白村江の戦い、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変――。民衆は戦乱をいかに生き延びたのか? 戦乱は「下克上」のチャンスだった!? 民衆の被害に国家は関心を持っていたのか? 『京都ぎらい』の井上章一氏も交え、日本史研究の風雲児たちが描く、英雄中心の歴史とは異なる、民衆を主語とした日本史!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(11件)
    • 2019/10/29

      面白く興味深くバラエティ豊か! 民衆はつねにか弱いのだろうか? 戦乱の一方的な犠牲者だったのだろうか? 名だたる戦乱の遠景として扱われてきた、名も無き当事者としての「民衆」の別の姿を、時代ごとに語り明...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/09/16

      18/09/15。
      この公開シンポジウムは、ネットで動画がありました。図版や現物の古文書なども示しながら、笑いなども取りながら講演されています。よかったらどうぞ。
      9/18読了。
      追記。第3章では井上...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/09/02

      戦乱の中における民衆の生き方、というような視点で、日本史を見る視点を変えてみましょう、という啓蒙的新書です。その意味では現在の日本で十分役割は果たしていると思います。
      けれど、同じような視点での研...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード