ロートレック荘事件(新潮文庫)

筒井康隆

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが……。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か? アリバイを持たぬ者は? 動機は? 推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      鬼才・筒井康隆さんが推理小説の世界に真剣に真っ向勝負を挑んだ騙しのテクニックが冴え渡る叙述トリック・ミステリの不朽の名作。本書のタイトルのロートレックは実は障害者を象徴する意味のみなのですが、途中に代...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      おみごと。
      このテの小説ばかり最近読み漁ってきたわたしがころっと騙され、「やられた・・」と気持ちよく笑えた作品。

      ストーリー展開はまぁ、画伯浜口とその友人、浜口の婚約者候補三人娘とその親族が結婚問題...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/07/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001915265","price":"649"}]

    セーフモード