カンガルー日和

村上春樹

529円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

「ねえ、あの袋の中に入るって素敵だと思わない?」…表題作/「ねえ、もう一度だけ試してみよう。もし僕たち二人が本当に100パーセントの恋人同士だったら、いつか必ずどこかでまためぐり会えるに違いない」…「4月のある晴れた日に100%の女の子に出会うことについて」村上春樹が「毎月一篇ずつ楽しんだり苦しんだりしながら生み出してきた」、都会の片隅のささやかな18篇のメルヘン。※電子版はテキストのみです。

続きを読む

レビュー

3.8
215
5
60
4
73
3
72
2
9
1
1
レビュー投稿
  • 2019/08/08Posted by ブクログ

    不思議な村上ワールド満載の短編集。佐々木マキさんの挿絵が非常にマッチした作品だ。この頃の著者の作風だろうか、奇妙な前提(そしてその世界ではそれは常識である)を感覚的に捉え厳密さを持って語る作品が多い。...

    続きを読む
  • 2019/06/23Posted by ブクログ

    村上春樹初期の短編集。あたたかさ、ゆるさ、ユーモア、不思議、そしてほろ苦さ。村上春樹らしいエッセンスに満ちた物語たちには、ゆるく楽しいぬくもりの中に、スパイスのような切なさが加えられています。

  • 2019/04/27Posted by ブクログ

    村上春樹氏の短編は、初めて読みました。
    とても短いものから、長めの「図書館奇譚」まで、不思議な物語がずらり。
    村上氏らしい言い回しやキャラクターが素敵です。
    私は「カンガルー日和」「100パーセントの...

    続きを読む
開く

セーフモード