おしっこちょっぴりもれたろう

作/絵:ヨシタケシンスケ

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    ぼく、おしっこちょっぴりもれたろう。おしっこをするまえかしたあとに、ちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。ズボンをはいたらわかんないんだから。しばらくするとかわくんだから。でも、ぼくみたいにもれたろうでこまっている人、ほかにもいるんじゃないかな? 子どもの悩みがちょっぴり軽くなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    27
    5
    14
    4
    9
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/08Posted by ブクログ

      あんなことやらこんなこと、まぁ、誰でもあるよね。さらっと面白いけど、意外と深い、そしていつものようになんかホッとするお話。

    • 2019/08/14Posted by ブクログ

      もしばれたら「おしっこもらし!」って言われて笑われちゃう。
      だから、ばれないようにと必死で隠そうとするその気持ちと努力がいじらしい。
      みんな同じなんだってわかって一安心。
      誰もが小さな悩みや違和感を気...

      続きを読む
    • 2019/06/27Posted by ブクログ

      おしっこちょっぴりもれたろう、っていうセンスがまず好き。ラストのおじいちゃんとのオチの兼ね合いもすき。可愛い

    開く

    セーフモード