【最新刊】おしっこちょっぴりもれたろう

おしっこちょっぴりもれたろう

作/絵:ヨシタケシンスケ

950円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ぼく、おしっこちょっぴりもれたろう。おしっこをするまえかしたあとに、ちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。ズボンをはいたらわかんないんだから。しばらくするとかわくんだから。でも、ぼくみたいにもれたろうでこまっている人、ほかにもいるんじゃないかな? 子どもの悩みがちょっぴり軽くなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

    続きを読む
    ページ数
    55ページ
    提供開始日
    2018/07/06
    出版社
    PHP研究所
    ジャンル
    絵本

    レビュー

    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      「おしっこちょっぴりもれたろう」ヨシタケシンスケ。2018年PHP研究所。
      2018年の12月に読んでいます。「なつみはなんにでもなれる」と同じく絵本。5分くらいで読めます。

      5歳かくらいの男の子が...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      おしっこしちょっぴりもれたろう君の
      お友達がけっこうもれたろう君。
      そして、まさかの仲間が!

      タイトルそのまんま!面白かったぁ。
      隠しておきたい、
      大きな声では言えない、言わなきゃわかんない。

      ...

      続きを読む
    • 2020/07/07Posted by ブクログ

      なんか、面白い、子どもの絵本を思うと少し違うかもしれないけど、むしろこの本は大人が読むためのものかな。おしっこを少し漏れても大丈夫だろうって男なら一度は経験したはず。もしかして、誰も経験してないとした...

      続きを読む
    開く

    セーフモード