ラグナロク:Re 2.獣たちのミメーシス

安井健太郎 巖本英利

869円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    我が相棒リロイ・シュヴァルツァーとカルテイルとの戦いの中、突如現れたのは“殺戮の淑女”レディ・メーヴェと“闇の種族(ダーク・ワン)”アシュガン。そしてアシュガンによって、カルテイルは何処かへと連れ去られてしまうのだった。その奪還を依頼された相棒は、行動を開始する。その身にナノマシンを宿すテュール・ヴァイスや、人ならざる存在でありながら、人を模倣(ミメーシス)する者たちとともに……。――そういえば私も人の姿をとる者のひとりであった。名はラグナロク。リロイが振るうひと振りの剣。それが私だ。時代を超えて再構築された、バトルファンタジーの金字塔。第2幕。

    続きを読む
    • ラグナロク:Re 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ラグナロク:Re 全 4 巻

      3,036円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    レビューコメント
    • リロイのハードボイルドという域を超えた苛烈な生き方が相変わらずで素晴らしいですね。戦闘描写も相変わらず苛烈で言うこと無しです。REではヘスパの爺さんとがスウェインが目立っていますが今のところ良い感じで...

      続きを読む
    • ネタバレ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ラグナロクシリーズ2冊目。旧版を読んだけれどとっくに記憶の彼方。読んでも登場人物がふわっと思い出すだけで、こんな展開だったか覚えがありませんね。リロイやカレンの戦闘描写、深いキャラなのに、すぐ退場して...

      続きを読む
    • 前巻より更に苛烈なリロイの闘い方。単細胞だけど罵倒の言葉はすらすら出てくる(笑)。後書きの感じでは作者もかなり筆に勢いがついてるようなので、このまま軌道に乗せてほしい。ヴァナード王国やアイントラートの...

      続きを読む
    • カルテイルが戦闘の途中で謎の人物達に攫われる中、奪還依頼を受けて敵を追う今巻。―――獣か人か、其を決めるのはその心。リロイが新たなファンキーな仲間と出会い、一つの別れを経験し、更に激しくなる戦いに身を...

      続きを読む

    セーフモード