精霊の箱 上

川添愛

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新米魔術師になって数か月.ガレットの前にはさらなる波乱万丈の運命が待ち受けていた――『白と黒のとびら』第2弾は,チューリングマシンがテーマ.主人公をはじめとする様々な登場人物とともに,「計算」の本当の姿、またそれにまつわる数々の話題に親しもう.

    続きを読む
    • 精霊の箱 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      精霊の箱 全 2 巻

      5,280円(税込)
      52pt獲得

    レビュー

    5
    4
    5
    4
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/01Posted by ブクログ

      2017.2記。

      最初に書いておくが「めちゃくちゃ面白い」。

      チューリングマシン、より乱暴に言ってコンピュータとは要するになにか。本書は、二進法、実行と停止、遷移図など、「計算」をつかさどる原理や...

      続きを読む
    • 2018/10/21Posted by ブクログ

      傑作ファンタジー小説、そして計算の理論へのやさしい道しるべ。上巻ということで、前作の復習をしつつ、主人公ガレットに迫る大きな陰謀の影を辿っていく。

    • 2018/10/11Posted by ブクログ

      ガレットは魔術師になる修行を続けている。先生から教えてもらった魔法は「省き」と「延ばし」だけだ。まだまだ勉強と教練が続く日々だ。でも、ガレットは先生から後継者とされることが決まっている。それでより勉強...

      続きを読む
    開く

    セーフモード