精霊の箱 下

川添愛

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    新米魔術師になって数か月.ガレットの前にはさらなる波乱万丈の運命が待ち受けていた――『白と黒のとびら』第2弾は,チューリングマシンがテーマ.主人公をはじめとする様々な登場人物とともに,「計算」の本当の姿、またそれにまつわる数々の話題に親しもう.

    続きを読む
    • 精霊の箱 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      精霊の箱 全 2 巻

      5,280円(税込)
      52pt獲得

    レビュー

    5
    5
    5
    5
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/01/01Posted by ブクログ

      2017.2記。

      最初に書いておくが「めちゃくちゃ面白い」。

      チューリングマシン、より簡単に言ってコンピュータとは要するになにか。本書は、二進法、実行と停止、遷移図など、「計算」をつかさどる原理や...

      続きを読む
    • 2018/10/21Posted by ブクログ

      前作にも出てきた学者の友人たちと協力して、陰謀を暴いていくガレットたち。崩壊してしまった魔法をガレットが救えるのか。それにしても、前作のあんなところが伏線になっているとはなあ。

    • 2018/10/11Posted by ブクログ

      ガレットはティルを助けに浄罪界に行く。学術院のユフィンとガレットは破壊の書の謎を解くことに懸命になる。そして、ハウェイの子孫との戦いが始まった。今回はチューリング・マシンをめぐる話題である。

    開く

    セーフモード