おれは一万石 : 10 無人の稲田

おれは一万石 : 10 無人の稲田

千野隆司

539円(税込)
クーポン利用で162円獲得へ
4

海賊船は正紀らの活躍で退治したが、頭の鮫五郎は海中に身を投げた。四千俵もの米俵と高級昆布類は行方不明になった。同時に後ろ盾になっていた磯浜屋伝兵衛も、捕縛の手を逃れて水戸城下から姿を消した。この背後には、水戸藩御側用人友部久左衛門の存在が大きい。友部は手に入れた金を、府中藩の世子問題に利用し、勢力の拡大を図っている。府中藩領内の行方郡には、一揆の火種がのこっていた。好評シリーズ第十弾!

ジャンル
歴史・時代
出版社
双葉社
掲載誌/レーベル
双葉文庫
提供開始日
2019/09/18

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】162円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

クーポンを変更する

同シリーズ

開く