君は夏のなか

古矢渚

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    男子高校生2人、夏、聖地巡礼。お互いに映画が好き―――佐伯千晴と戸田渉はそんなよくある共通点から仲良くなった。一緒にいると楽しい、自然とそうなったある日2人の関係を一変する出来事が…。落ち着かない気持ちの中、千晴が夏休みを使って“聖地巡礼”しようと持ちかけてきて…。人を好きになる、ということ。それはどうしようもない、ということ。男子高校生2人が紡ぐ、眩しくて愛しい青春劇。

    続きを読む
    • 君は夏のなか 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      君は夏のなか 全 3 巻

      1,512円(税込)
      15pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.5
    2
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/29shimayan
      本編以外の番外編が多いのが惜しい

      普段なら接点ないはずの趣味友男子高校生二人のひと夏のお話。
      学園モノというと学校と家、それとせいぜいバイト先くらいの狭い範囲のエピソードに始終するだけなんですが、このお話は「劇中劇」ならぬ「劇中映画」...

      続きを読む
    • 2017/07/30
      夏。高校生。聖地巡礼の目的。

      作家買い。季節は夏。映画鑑賞が趣味の千晴と渉。同じクラスでもないのにウマが合うから、気づくと一緒にいる二人。だけど、色っぽい話はしたことが無くて実はお互いのことを深くは知らない。…と思っていたのは渉だ...

      続きを読む

    セーフモード