【最新刊】君と夏のなか【電子限定カラーイラスト付き】

君は夏のなか

3冊

古矢渚

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    高校を卒業し、大学進学と同時に東京に戻ってきた佐伯千晴。再び渉と過ごす夏が始まる。別々の大学に通い、バイトと勉学に追われる多忙な中でも、すぐ会える距離でお互いを感じられることに沸き立つ気持ちがあった。週末に行く映画館、泊まりでの花火大会、そして聖地巡礼の続きを、2人で。人を愛することを知り始めた2人にとって、一度しかないこの夏は、あまりにも瑞々しい。

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    200ページ
    提供開始日
    2019/07/30
    連載誌/レーベル
    gateau
    • 君は夏のなか 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      君は夏のなか 全 3 巻

      1,512円(税込)
      15pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.3
    3
    5
    1
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/31shimayan
      二度目の二人の夏。

      前作「君は夏の中」の大学生編です。
      二度目の二人の夏を過ごしていきながら、少しの亀の歩みでも、渉の佐伯への想いが高まっていく様子が微笑ましくもあり、佐伯の渉へのブレない気持ちがまた深く感じられる作品に...

      続きを読む
    • 2019/07/29shimayan
      本編以外の番外編が多いのが惜しい

      普段なら接点ないはずの趣味友男子高校生二人のひと夏のお話。
      学園モノというと学校と家、それとせいぜいバイト先くらいの狭い範囲のエピソードに始終するだけなんですが、このお話は「劇中劇」ならぬ「劇中映画」...

      続きを読む
    • 2017/07/30
      夏。高校生。聖地巡礼の目的。

      作家買い。季節は夏。映画鑑賞が趣味の千晴と渉。同じクラスでもないのにウマが合うから、気づくと一緒にいる二人。だけど、色っぽい話はしたことが無くて実はお互いのことを深くは知らない。…と思っていたのは渉だ...

      続きを読む

    セーフモード