マンガでよくわかる エッセンシャル思考

著:グレッグ・マキューン 訳:高橋璃子 シナリオ:星井博文 漫画:サノマリナ

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    最少の時間で成果を最大にする方法がマンガでわかる!シリーズ累計20万部!日米ベストセラーの『エッセンシャル思考』が、ついにマンガ化。Apple、Google、Facebook、Twitterのアドバイザーを務める著者の99%の無駄を捨て1%に集中する方法とは!?小学校の教師になった主人公・貴代は、頼まれた仕事をすぐに引き受けるまじめながんばり屋。周囲の期待に応えて4年目にして学年主任に抜擢されるも、優秀な人ほど陥りがちな「成功のパラドックス」にはまる。そんなときに、幼なじみの前沢 塁に再会し、「99%の無駄を捨て1%に集中する方法」について聞かされる。そして貴代は、エッセンシャル思考を自分のものにしながら、最少の時間で成果を最大化できるように。エッセンシャル思考が目指す生き方は、「より少なく、しかしより良く」。すでに『エッセンシャル思考』を読んでいる人も、はじめて『エッセンシャル思考』を読む人も人生を自分の手に取り戻せる1冊です。

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    13
    5
    3
    4
    7
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/09/12Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/05/30Posted by ブクログ

      この本のメインアイデアは、過去でも未来でもなく、今、何が重要なのかを考えて選択と集中をして、少ない時間で成果を最大化するといいます。これをエッセンシャル思考と呼んでいます。

      漫画の方は、日々の業務で...

      続きを読む
    • 2019/03/27Posted by ブクログ

      昨今の働き方改革に通じる話かなと思いました。
      やらなくてよい業務に対して、いかにNOを突き付けるか。

      日本にあって、古い体質が残る企業にあっては難しいことだと思います。働き方改革にしても、やたらと電...

      続きを読む
    開く

    セーフモード