【論争の作法】第1条「相互に侮辱してはならない」。百田さんとの激論、中国・韓国との議論でも必ず守るべきこと【橋下徹の「問題解決の授業」Vol.159】

橋下徹

330円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    橋下徹公式メールマガジン「学者やコンサルでは伝えられない橋下徹の「問題解決の授業」」を号毎に電子書籍化。<今号の内容>■オンラインサロン「激辛政治経済ゼミ」での意見を反映■しかし芸能事務所の役割は大きい■嘘よりも問題なのは脱税の疑いだ■激しい論争をするための前提条件■立場の違いを理解すること、互いに敬意を持つこと■親権問題をめぐる社会起業家・駒崎さんとの論争■百田さんとは別件では非公開の論争も■「侮辱のライン」を超えたらもう収拾がつかない!■日韓関係、日中関係でも「相互に侮辱しないこと」が最低のルール<橋下徹メッセージ>『独裁者』『民主主義の破壊者』と散々な言われ方をされてきた僕ですが、私人に戻った今だからこそ、皆さんにお話したいことがたくさんあります。府知事、市長在任中に、メディアで報じられたことは全体の中のほんの一部。しかも、いちいち訂正するのが間に合わないほどに好き勝手に報じられました。僕が何を考え、大阪府、大阪市の改革、そして大阪都構想を目指したのか。小さな弁護士事務所の代表から38歳で政治家に転身した僕が、いかにして数万人規模の役所組織をマネジメントしたのか。資金も組織もない中でいかにして政党を作り上げ、マネジメントしたのか。それまでの役所の常識・行動様式とぶつかり合い、いかにして前例のない大胆な改革を実行したのか。そういった本当に価値のある話は、メディアは報じてくれないんです。だから自慢話を織り交ぜながら(笑)、皆さんのビジネスに少しでもお役に立ててもらえればという気持ちで全てを話すためにメールマガジンを始めます。僕を散々に批判してくれた人たちとも、今まで以上に議論を戦わせていきたいと思っていますので、どうぞよろしく。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード