君は月夜に光り輝く

著者:佐野徹夜

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    大切な人の死から、どこかなげやりに生きてる僕。高校生になった僕のクラスには、「発光病」で入院したままの少女がいた。月の光を浴びると体が淡く光ることからそう呼ばれ、死期が近づくとその光は強くなるらしい。彼女の名前は、渡良瀬まみず。余命わずかな彼女に、死ぬまでにしたいことがあると知り…「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」「本当に?」この約束から、止まっていた僕の時間がふたたび動きはじめた――。読む人みんなが涙――この圧倒的感動に、山口幸三郎、綾崎隼、loundrawも大絶賛! “今を生きる”すべての人に届けたい、最高のラブストーリー。

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    63
    5
    7
    4
    20
    3
    34
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/15Posted by ブクログ

      星2と思って読んでいたところ、意外といいと思うところもあり、評価をひとつ上げました。最後にあとがきも読んで、ああ、なるほどと。

    • 2019/09/08Posted by ブクログ

       ああ、タイトルはそう言う事なんだな、と思いました。
       主人公の過去とか、お姉さんの事、結末が切ない…。
       だけど、ジュリエットのところで笑いました。でもやっぱり切なかった…。
       とても綺麗な話だな、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/07/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード