86―エイティシックス―Ep.11 ―ディエス・パシオニス―

86―エイティシックス―Ep.11 ―ディエス・パシオニス―

それはあまりにも突然だった。全てを無に帰する、咆哮、閃光、衝撃。〈レギオン〉の攻勢に人類全てが後退を余儀なくされる中、シンとレーナたちに命じられたのは絶望的な撤退作戦だった。そして共和国へと再び足を踏み入れた彼らが目にするのは、確実な滅びを前にしても変わらぬ、変われない、かの国の姿。それでも、作戦は始まる。諸国を転戦し、帰る場所を知った彼らは暗闇の中を一歩ずつ進むが、しかし――。眼前に立ちはだかる亡霊の群れ。洞のように空虚な銀色の双眸。なぜ助ける。赦すな。鏖せ。復讐を。なぜ助けない。薄汚い色付きどもめ。憎悪と怨嗟の絶叫が響き渡る、Ep.11。“鋼鉄の軍靴は血塗られたマグノリアを踏みつけ、受難の火が彼らを焼く。”

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】224円(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/07/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く