86―エイティシックス―

著者:安里アサト イラスト:しらび メカニックデザイン:I-IV

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器《レギオン》による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。 そう――表向きは。 本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。《存在しない“第86区”》。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜《有人の無人機として》戦い続けていた――。死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遥か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官(ハンドラー)”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる――!

    続きを読む
    • 86―エイティシックス―(電撃文庫) 全 9 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      86―エイティシックス―(電撃文庫) 全 9 巻

      6,391円(税込)
      63pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(25件)
    • 2018/06/04Posted by ブクログ

      うん確かに、これは大賞だわ。

      第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
      国家の政策により人以下に落とされ戦場で戦わされる少年少女達とその政策に憤り彼らの力になろうとする後方支援官の少女の物語。

      遠く離...

      続きを読む
    • 2017/07/08Posted by ブクログ

      会わないけど、ボーイミーツガール(笑)

      文句なしの面白さでした。一気読みしてしまいました。
      閉じられた世界で、外からの圧力にさらされ続けたら、きっと人は仲間内の弱者を強いたげだすのでしょうね。
      背景...

      続きを読む
    • 2020/02/06Posted by ブクログ

      非常に面白い作品だった。あまりメカに興味がなかったので、最初は読むのが辛かっけれど、中盤からの物語の展開、そして終わり方が王道といえば王道だけれど、そこにたどり着くまでの文章が巧みで、そこがまた良かっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード