南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一

南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一

2,970円(税込)
1%獲得

29pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    民衆の紐帯であり自然の宝庫でもある社(やしろ)の破壊に反対する、南方熊楠の画期的論考「神社合祀に関する意見」。伊良湖岬の浜辺で目にした椰子の実から日本人の来し方を想起する、柳田國男「海上の道」。後に中将姫と呼ばれる藤原南家の姫君と、非業の死を遂げた大津皇子の交感を軸に綴られる、折口信夫「死者の書」。近代女性の生き様を活写する「海女たち」「出稼ぎと旅」「女工たち」ほか、宮本常一「生活の記録」。神話、伝承、歴史、生活、自然など、日本のすべてを包摂する厖大な文業から、傑作29篇を精選。【ぼくがこれを選んだ理由】民俗学は文学のすぐ隣にある。南方熊楠の鎮守の森を擁護する論は今のエコロジーにつながっている。柳田國男と宮本常一の論考を連ねると、正面から描かれた近代日本人の肖像が見えてくる。折口信夫はもうそのまま文学。読んでいると古代の日本人とすぐにもハグできるような気持になる。(池澤夏樹)解説=池澤夏樹解題=鶴見太郎月報=恩田陸・坂口恭平

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード