砂糖の世界史

川北稔著

907円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    茶や綿織物とならぶ「世界商品」砂糖.この,甘くて白くて誰もが好むひとつのモノにスポットをあて,近代以降の世界史の流れをダイナミックに描く.大航海時代,植民地,プランテーション,奴隷制度,三角貿易,産業革命―教科書に出てくる用語が相互につながって,いきいきと動き出すかのよう.世界史Aを学ぶ人は必読!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード