されど、化け猫は踊る 猫の手屋繁盛記

かたやま和華

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    それがしは近山宗太郎。旗本の跡取りであったが、とある事情から白猫姿に身をやつすことになってしまった。元に戻るには百の善行を積まねばニャらぬ。千眼通の福犬騒動に、カラスの濡れ羽色をした黒猫と暮らす浪人、夜な夜な唄って踊る猫の祭りの顛末やいかに!? よろず請け負い稼業“猫の手屋”、世のため人のため、猫の手貸します――。人気沸騰中のあやかし時代小説シリーズ第四巻。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード