化け猫、まかり通る 猫の手屋繁盛記

かたやま和華

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    とある事情で白猫になってしまった旗本の跡取り、宗太郎(通称:猫太郎)。裏長屋で営むよろず請け負い家業「猫の手屋」に舞い込む依頼は、猫供養、仇討ちの見届けなど、一癖も二癖もあるものばかり。すべては人の姿に戻るため。役者の雁弥、絵師の国芳ら、個性豊かな面々に囲まれて、今日も奇妙奇天烈な猫のサムライは善行を積む。泣いて笑える大人気あやかし時代小説、猫の手屋繁盛記シリーズ。

    続きを読む
    • 猫の手屋繁盛記 全 6 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      猫の手屋繁盛記 全 6 巻

      3,443円(税込)
      34pt獲得

    レビュー

    • 2016/04/15Posted by ブクログ

       旗本の跡取りなのに、猫の姿になってしまった宗太郎さん。
       猫といっても、立ち姿は人間のようで、着物も着ていますし、刀も差しています。
       世のため人のため、そして猫のために善行を積めば、人間の姿に戻れ...

      続きを読む
    • 2016/09/15Posted by ブクログ

      あいかわらず猫にも人にも温かい物語でした。

      ところは日本橋・三日月長屋。
      ひょんなことから白猫にさせられた武士・宗太郎。(猫太郎)
      「猫先生!」
      「いや、それがしは猫ではないのですが…」
      今回も、そ...

      続きを読む
    • 2017/03/03Posted by ブクログ

      「猫の手屋繁盛記」シリーズ、第3弾。
      今回も面白く読めました。
      宗太郎は人間の姿に早く戻りたいだろうけど、そうしたらシリーズが終わってしまうので、もう少し猫でいて欲しいものだ。
      だんだんと猫の本能が染...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001682522","price":"550"}]

    セーフモード