BRUTUS特別編集 合本・居住空間学 ARCHIVE

BRUTUS特別編集 合本・居住空間学 ARCHIVE

マガジンハウス

1,500円(税込)
クーポン利用で1,000円獲得へ

※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。合本 居住空間学 ARCHIVE第1章築40年、緑の建築家が遺したタウンハウスの名作に住む。服部滋樹〈graf〉代表のびやかな気持ちにさせるリトリートハウス。藤井隆行〈ノンネイティブ〉デザイナー流れ着いた湖畔の地で、小屋を建て、植物と向き合う。後藤繁雄 編集者/後藤 渚 動画編集者ライフスタイルに合わせてしなやかに住まいを変えていく。熊谷隆志 クリエイティブディレクター、スタイリスト京都の山あいに家を持つ。深く静かに「鈍考」するために。幅 允孝〈BACH〉代表、ブックディレクター/ファン〈喫茶 芳〉代表心象風景が育んだオーガニックな空間構成。Max Houtzager クリエイティブディレクター/遠藤 幸 アートディレクター建築家が幼い頃に遊んだ山を、両親の終の住処に溶け込ませる。西口直子 母(住まい手)/西口 賢 建築家丹波篠山の風土のなかで「自分たちらしい」暮らしをつくる。小菅庸喜〈archipelago〉店主/上林絵里奈〈archipelago〉店主十勝の自然を切り取る ピクチャーウィンドウのある家。佐々木章哲 畜産会社社長素材を生かして工夫する、暮らしの実験&編集室。江口宏志 蒸留家/山本祐布子 イラストレーター2つの白壁空間を行き来する陶芸家のアトリエハウス。鹿児島 睦 陶芸家、アーティスト心を鎮める穏やかな光と静けさに包まれる、パン職人の家。長屋圭尚〈月とピエロ〉店主レンガ倉庫の中に建てた山荘みたいな小さな家。大谷浩輔〈Kolonihave〉代表一つ屋根の下で生まれるゆとりあるコンパクトライフ。岩井俊之〈CARNIVAL〉店主、トーテムポール作家好きな家具やクラフトに寄り添う清々しくプレーンな建築。岡林広之 メーカー勤務愛用品と部屋。竹田嘉文 イラストレーター第2章 Taking Over a Home 住み継ぐ。吉村順三と猪熊弦一郎の友情から生まれた白のモダニズム田園調布の「いのくまさん」の家。写真家・高橋ヨーコ。宮脇檀が設計した家との出会いとそれから。G邸(現・津田山の家)日本初の女性建築家によるモダニズム住宅を住み継ぐ。

みんなの感想
ジャンル
趣味・実用誌
出版社
マガジンハウス(雑誌)
掲載誌/レーベル
BRUTUS特別編集
提供開始日
2023/12/18
ページ数
192ページ

この作品をシェアする

閉じる
開く

クーポン利用で【70%OFF】1,000円(税込)で購入できる! 6回利用可能

値引き額上限に達しています。

初回ログインでもらえる70%OFFクーポン

2024/05/31 23:59 まで有効

同シリーズ

開く