校閲ガール トルネード

著者:宮木あや子

604円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

笑えてスッキリ、元気がでる! ドラマも話題になった、最強のワーキングガールズエンタメ☆悦子とモデル兼作家の恋の行方は? 悦子は校閲部から憧れのファッション誌編集部に移れるのか? シリーズ完結巻!根性と気合と憧れの雑誌への愛で出版社の入社試験を突破し、総合出版社・景凡社に就職した河野悦子(こうの・えつこ)。しかし、「名前がそれっぽい」という理由で(!?)、彼女が配属されたのは校閲部だった。いいかげんな編集者や校閲部のオネエな同僚、それぞれのスタイルで仕事に向き合う同期たちとのてんやわんやな日々。悦子は、恋に落ちたアフロヘアーのイケメンモデル(兼作家)と出かけた軽井沢で、ある作家の家に招かれて……。そして社会人3年目、ついに憧れの雑誌の編集部に異動に!?装画・巻末マンガ=茶谷怜花文庫版の巻末には、著者と石原さとみ氏の対談、ドラマのプロデューサー・小田玲奈氏による解説を収録。

続きを読む

レビュー

3.8
11
5
1
4
7
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/06/06Posted by ブクログ

    暑くてジメジメするからちぃとも本が読めない。とにかく1冊読まなきゃと、薄くて読みやすくて確実に面白いことがわかっている本作を手に取る。

    なのになんで鼻声やねん悦子。ハダツバッドッタラヨミニグイガナ。...

    続きを読む
  • 2019/05/10Posted by ブクログ

    読んでいて元気が出る。
    悦子の好きなことを好きとはっきり言えるところや夢や目標に向かいひたむきに努力するところがとても好き。

  • 2019/03/26Posted by ブクログ

    ファッション誌の編集者を夢見る校閲部の河野悦子。
    アフロヘアーのイケメンモデル&作家の幸人とのお泊まりデートで出かけた軽井沢で、ある作家の家に招かれて…。
    そして社会人3年目、ついに憧れの雑誌編集部に...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード