校閲ガール ア・ラ・モード

著者:宮木あや子

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    出版社の校閲部で働く河野悦子(こうのえつこ)。部の同僚や上司、同期のファッション誌や文芸の編集者など、彼女をとりまく人たちも色々抱えていて…。日々の仕事への活力が湧くワーキングエンタメ第二弾!===憧れのファッション雑誌の編集者を夢見て、総合出版社・景凡社に就職した河野悦子。しかし、「名前がそれっぽい」という理由で(!?)、悦子が配属されたのは校閲部だった。入社して2年目、ファッション誌への異動を夢見て苦手な文芸書の校閲原稿に向かい合う日々を過ごす悦子。そして明るく一直線な彼女の周りには、個性豊かな仕事仲間もたくさん。悦子の同期で帰国子女のファッション誌編集者・森尾、これまた同期の東大出身カタブツ文芸編集者・藤岩、校閲部同僚でよきアドバイスをくれる、ガールなんだかボーイなんだかのお洒落男子・米岡、悦子の天敵(!?)のテキトー編集男・貝塚、エリンギに似ている校閲部の部長・茸原、なぜか悦子を気に入るベテラン作家・本郷、などなど、彼ら彼女らも、日々の仕事の悩みや、驚くべき過去があって……。石原さとみ主演で連ドラ化された、読むと元気が出るワーキングエンタメ!おまけまんが:さく=宮木あや子・まんが=茶谷怜花解説=唯川 恵

    続きを読む
    • 校閲ガール 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      校閲ガール 全 3 巻

      1,848円(税込)
      18pt獲得

    レビュー

    3.7
    18
    5
    2
    4
    10
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/20Posted by ブクログ

      面白かった~~~!!!

      前述のとおり連休中にウツウツとする本を読んだため(「どれくらいの愛情」と「コンビニ人間」)(「面白くなかった」わけではない)、とにかくスカッと! スカッとさせてくれい! と、...

      続きを読む
    • 2019/03/11Posted by ブクログ

      校閲ガール=悦子を取り巻く人たちが、一人一人主人公となる短編集。それぞれ抱える悩みや歴史、過去がある。

    • ネタバレ
      2017/08/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A001754630","price":"616"}]

    セーフモード