罪と罰(上)(新潮文庫)

ドストエフスキー/工藤精一郎/訳

869円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鋭敏な頭脳をもつ貧しい大学生ラスコーリニコフは、一つの微細な罪悪は百の善行に償われるという理論のもとに、強欲非道な高利貸の老婆を殺害し、その財産を有効に転用しようと企てるが、偶然その場に来合せたその妹まで殺してしまう。この予期しなかった第二の殺人が、ラスコーリニコフの心に重くのしかかり、彼は罪の意識におびえるみじめな自分を発見しなければならなかった。

    続きを読む
    • 罪と罰 全 2 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      罪と罰 全 2 冊

      1,793円(税込)
      17pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(489件)
    • 2018/10/27

      下巻。
      上巻はこちら。
      https://booklog.jp/users/junsuido/archives/1/4102010211

      上巻にもメモした登場人物一覧。
      まずはロシア名を覚える三原則、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/10/23

      「少年少女世界名作全集」で読んだっきりとか、粗筋は知ってるけどでちゃんと読んだことないとか、自分の「死ぬまでに読まないとリスト」に載っている本が沢山あるのですが…そのなかの一つにやっと着手。

      ロシア...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2007/08/09

      罪と罰(下) 読了。

      下巻の中盤から終わりまで、加速度的に面白かった。
      ポルフィーリィとラスコーリニコフの心理戦はホントに秀逸。読んでてゾクゾクしびれてくる。
      優しくソフトに確信をえぐるポルフィ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード