ひとりで生きる 大人の流儀9

伊集院静

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    一人で生きることを自覚せよ、と言っても、そう簡単にできるものではない。泣く雨の夕暮れも、一人で膝をかかえて星を見上げる夜半もあるであろう。孤独というものには、やるせなさがどこかに隠れている。なのに一人で生きようとしている人には、家族、兄弟姉妹、仲間、同僚、友と日々、逢ったり、連絡を取り合って、普通に生きている人たちには、ないものがある。あの潔さに似たものは何なのだろうか? ひとりで生きることは、一見淋しいものに思えるが、実は美しい人間の姿であるのかもしれない。――伊集院静シリーズ累計195万部超の大ベストセラー第9弾。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/13Posted by ブクログ

      20191012 このシリーズは出ると必ず買ってしまう。気付いたら新しいのが出ているようなサイクルなのも良い。いつも同じ感想を持ってしまうが前作から自分の考えに変化があったか計る為にも読んでいる。ブレ...

      続きを読む
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      一人で生きていくということは
      誰とも関わりを持たずに生きていく
      というわけではない。
      たとえ一人になっても
      しっかりと生きていけるように
      生きていくことだ。
      誰かと一緒に暮らすことになっても
      依存しな...

      続きを読む

    セーフモード