1973年のピンボール

村上春樹

451円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「電灯のスイッチを切って扉を後ろ手に閉めるまでの長い時間、僕は後ろを振り向かなかった。一度も振り向かなかった」東京で友人と小さな翻訳事務所を経営する〈僕〉と、大学をやめ故郷の街で長い時間を過ごす〈鼠〉。二人は痛みを抱えながらも、それぞれの儀式で青春に別れを告げる。『風の歌を聴け』から3年後、ひとつの季節の終焉と始まりの予感。「初期三部作」第二作。

    続きを読む
    • 村上春樹 初期三部作 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      村上春樹 初期三部作 全 3 巻

      1,980円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    • 2014/01/01Posted by ブクログ

      2020年5冊目(6読目)。(去年のレビュー書き忘れ分...)

      去年、ずっと書けなかったことをついに書こうかと悩んでいた際に、突然読み返したくなった。
      壊れた配電盤、電話の取次ぎ、入口と出口、鼠取り...

      続きを読む
    • 2009/07/20Posted by ブクログ

      風の歌を聴け」の続編、「僕と鼠シリーズ」の第二弾です。前作を未読でも、単体として楽しめるようにできてます。

      昔は、村上春樹の作品の中ではこれが一番好きでした。
      今も、村上氏の中編小説、というカテ...

      続きを読む
    • 2020/05/03Posted by ブクログ

      再読。
      後に出た小説を読んでからもう一度これを読むと、実はこの話はとても重要なのではないかと思われる。小説に重要かそうでないかというのはないのかもしれないけど。
      昔これを読んだときは正直「あまりよく分...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001655286","price":"451"}]

    セーフモード