風の歌を聴け

村上春樹

421円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている」1970年8月、帰省した海辺の街。大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで地元の友人〈鼠〉と語り明かし、女の子と知り合い、そして夏の終わりを迎える。過ぎ去りつつある青春の残照を鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した、村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。

続きを読む
  • 村上春樹 初期三部作 全 3 巻

    未購入巻をまとめて購入

    村上春樹 初期三部作 全 3 巻

    1,943円(税込)
    19pt獲得

レビュー

3.6
673
5
155
4
220
3
217
2
73
1
8
レビュー投稿
  • 2019/08/16Posted by ブクログ

    言わずと知れた村上春樹の処女作

    自分は過去になにがあったかなんて覚えてない
    けど、曖昧な記憶が記憶になるその前に
    自分に確かに何かを学ばせていた
    そんな事実をおしえてくれて
    忘れてしまうことを肯定し...

    続きを読む
  • 2019/07/01Posted by ブクログ

    読んだばかりの加藤典洋著の『村上春樹は、むずかしい』に導かれて本書を読了。『騎士団長殺し』の1部を読んで以来、村上作品からは遠ざかっていた。今作を読んだ素直な感想は「お洒落」の一言に尽きる。アメ車に乗...

    続きを読む
  • 2019/06/16Posted by ブクログ

    真実も、嘘も、他人も、自分も、全ては風のように過ぎ去る。
    100年後には、僕らがどんな風に生きたかなんて、誰も覚えていないだろう。
    それでも、それだからこそ、僕らは不自由に生きて、できればそれを楽しん...

    続きを読む
開く

セーフモード