風の歌を聴け

村上春樹

429円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    「あらゆるものは通り過ぎる。誰にもそれを捉えることはできない。僕たちはそんな風に生きている」1970年8月、帰省した海辺の街。大学生の〈僕〉は、行きつけのバーで地元の友人〈鼠〉と語り明かし、女の子と知り合い、そして夏の終わりを迎える。過ぎ去りつつある青春の残照を鋭敏にとらえ群像新人賞を受賞した、村上春樹のデビュー作にして「初期三部作」第一作。

    続きを読む
    • 村上春樹 初期三部作 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      村上春樹 初期三部作 全 3 巻

      1,980円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    3.6
    675
    5
    155
    4
    221
    3
    217
    2
    74
    1
    8
    レビュー投稿
    • 2019/10/05Posted by ブクログ

       デレク・ハートフィールドというアメリカの作家、38歳でエンパイアステートビルの屋上から、傘をさして飛び降りてぺちゃんこになって死んだ男だが、ともあれ、彼の作品をまず読んでみればどうだろう。この小説の...

      続きを読む
    • 2019/09/29Posted by ブクログ

      再読。村上春樹の原点。この作品は短編集のように、物語に纏まりがない。村上春樹特有の自然描写である引用もまだ拙さを感じた。僕がこの本を読んだのは23歳くらいでもう7年も経つ。最初に読んだ時よりも色褪せて...

      続きを読む
    • 2019/09/20Posted by ブクログ

      取り残されたような世界観で夏を過ごす僕の物語。
      一見脈絡のない話が行ったり来たりするため、解釈が難しい作品だった。

    開く

    セーフモード