脳が壊れた(新潮新書)

鈴木大介

836円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    41歳の時、突然の脳梗塞に襲われたルポライター。一命は取り留め、見た目は「普通」の人と同じにまで回復した。けれども外からは見えない障害の上に、次々怪現象に見舞われる。トイレの個室に老紳士が出現。会話相手の目が見られない。感情が爆発して何を見ても号泣。一体、脳で何が起きているのか? 持ち前の探求心で、自身の身体を取材して見えてきた意外な事実とは? 前代未聞、深刻なのに笑える感動の闘病記。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード