アルキメデスの大戦 4巻

三田紀房

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

水雷艇転覆事件に端を発する海軍全艦艇の改修事業。その総指揮を執る事で海軍内での発言力を増した平山造船中将は、櫂に白紙に追い込まれた戦艦「大和」計画の復活を目論む。それを危惧した櫂直は、海軍内で蔓延る大艦巨砲主義そのものを無くすべく、高性能な新型戦闘機の開発に参画する。そして山本五十六仲介のもと、三菱の設計士・堀越二郎氏と出会うが……。

続きを読む
  • アルキメデスの大戦 全 17 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アルキメデスの大戦 全 17 巻

    11,016円(税込)
    110pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/08/11Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2018/01/07Posted by ブクログ

    新型戦闘機を開発し、その高性能・優位性を海軍に認めさせることで、戦艦でなく航空母艦の建造計画を推し進める。それが、大艦巨砲主義の平山案をつぶそうとする櫂直の計画。タイミングよく新型戦闘機の開発計画が立...

    続きを読む

セーフモード