アルキメデスの大戦 3巻

アルキメデスの大戦 3巻

三田紀房

海軍省の会議室で始まった新型戦艦計画決定会議。戦艦「大和」の真の建造費を導き出した櫂直(かい・ただし)は、対立陣営である大艦巨砲主義派の不正を糾弾。それを皮切りに両陣営はヒートアップ、罵詈雑言が飛び交う事態に。さらに櫂の主張に平山(ひらやま)造船中将が徹底抗戦!! 戦艦「大和」採用か否か。二人の一騎打ちの末に待つ結末は――!?

続きを読む
  • 無料この巻を0円で購入する

    648円(税込) 0円(税込)
  • アルキメデスの大戦 全 15 巻

    未購入巻をまとめて購入

    アルキメデスの大戦 全 15 巻

    7,776円(税込)
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.5
2
5
0
4
1
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/11/17Posted by ブクログ

    巨大戦艦建造の話がこれでお終い。
    中々面白かったが、最後の結末は少し拍子抜け。

    その後の日常ストーリーもそこまで面白くなく…。

    ただ、全体的に面白い上に、次の航空機の話などフリは気になる作り。

  • 2018/01/07Posted by ブクログ

    野望・醜聞・詭弁とめまぐるしく論点が移り変わる新型戦艦計画決定会議。
    大艦巨砲主義の平山案に決まりかけた流れを断ち切ったのは、構造上の脆弱性。自らの計画の不備をみとめ、潔く引き下がった平山造船中将。そ...

    続きを読む

セーフモード