Casa BRUTUS特別編集 最新 建築家ル・コルビュジエの教科書

カーサブルータス編集部

1,018円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※本ムックはカラーページを含みます。お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。最新版 建築家ル・コルビュジエの教科書。ル・コルビュジエ17の建築群が文化遺産に正式登録され、巨匠設計の東京・上野<国立西洋美術館>もついに世界遺産になりました。では一体、ル・コルビュジエはどんな建築をデザインし、どんな活躍をした建築家だったのか。その魅力をわかりやすく紹介します。Le Corbusier●祝・世界遺産! <国立西洋美術館>がついに登録されました。●トーマス・マイヤーがたどるル・コルビュジエが日本の残した足跡。●日本の3人の弟子(前川國男、坂倉準三、吉阪隆正)●国立西洋美術館はなぜル・コルビュジエが手掛けたのか。●ル・コルビュジエの幻の緞帳が日本にあった!●<サヴォア邸>はどうして住宅の最高傑作と呼ばれるのでしょうか。●巨匠が暮らしたパリの自邸&アトリエが一般公開されています!●集合住宅<ユニテ・ダビタシオン>の中味、すべて見せます。●「祈りの空間」ロンシャンの礼拝堂/ラ・トゥーレット修道院/サン・ピエール教会●小さな家 by ホンマタカシ●巨匠はなぜ、南仏に小屋をつくったのか?●ル・コルビュジエの家具、一挙公開。●おすすめのコルビュジエ本21冊●保存版:ル・コルビュジエの「キーワード集」「年表」「クイズ」●マンハッタンにある国連本部は一体誰がつくったのか?

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード