書籍 いつか出会った郷土の味

書籍編集部

1,700円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    何度でも読んで味わいたくなる珠玉の食エッセイ ●目次●梅ちゃんの鮎●「花もも」のすだちそば●冷や汁●萬口の「かつお茶漬け」●野田さんのサーモン●金沢の「ガスエビ」●一吉の「イカのしおから」●澤田さんの「ワカサギ」●シェ・イノの「温度玉子と黒トリュフのピューレ」●菊姫の「黒吟」●鳴門の「サクラダイ」●フルーツ&カフェさいとうの「越後姫けずり」●青森の海峡サーモン●老松の夏柑糖●鮨かねさかの「風」を食す●土佐のカツオの塩タタキ●守谷のあんぱん●鮒ずし巡礼●「井泉」のカツサンドが寄席むきであること●沖縄の「島らっきょう」●小豆島 ヤマロク醤油の「鶴醤」●おまえはどこまで太いヤツなのだ 伊勢うどん●京都で迷ったら和久傳の鯛ちらし●暮坪かぶは蕎麦の薬味の王である●「やまめ庵」の“やまめ南蛮漬け”に驚愕せよ●奄美大島 ミキを知ってるかね●酢橘を薬味にソーメン●郡上味噌がいいんだねえ●ジコボウの食感最高にエロし●能登は食の宝箱である●下倉孝商店のカズノコ●これを敢えて新縄文料理と呼びたい●「司丸・干魚のやまさき」のハダカイワシでどうじゃ!!●中ノ俣のギョウジャニンニク●兎の頭のかち割り味噌汁●「かばや」のうなぎまぶし丼●山根商店の縄文漬●ローソクとブシュカンは神のコラボだ●怪しかれどもうましドウマンガニ●第三の選択肢、薄垂惣酢●発見!! トマトの漬け物●十和田湖のヒメマスとアカモクのこと●江本自然農園、特選とまとジュースに感涙●室井克義のおじや●小嶋屋のへぎそば●リストランテ ボーノのリモンチェッロ●宝塚劇場売店の「梅ジェンヌ」がたまらん●生シラス●ミーバイのからあげ●ひんぎゃの塩●あとがき●掲載店舗●奥付●裏表紙

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    最初のコメントには一番乗りラベルがつくので、みんなに見てもらいやすくなります!

    レビューを投稿する

    セーフモード