文学論 (下)

夏目漱石著

1,034円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    倫敦の孤灯の下で文学とは何か問い続け、研究ノートを唯一の財産に帰国した後の帝大講義録。F+fなる恐るべき公式を提唱し、世界文学の内容を片端から引用して読んでみせ、書く方法の発見へと誘う。社会、心理、科学、芸術、道徳など多彩な視点から文学の巨像をとらえ、漱石は文豪への道を踏み出す。【注解=亀井俊介】

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード