文学論 (上)

夏目漱石著

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    1903年苦しいロンドン留学から帰国した漱石は帝大でいよいよ文学を講じる。後の文豪は世界文学といかに出会い自らの文学を築いたか。Fやfの用語など一見難解な外観と厖大な原文は人を圧倒するが、独特の苦渋とユーモア漲る痛快な口調で語られる文学修行の精華。西洋と日本の近代をつなぐ迫力満点の講義録。【亀井俊介注解】

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード