〈小市民〉シリーズ (3) 秋期限定栗きんとん事件 上

著:米澤穂信

495円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あの日の放課後、手紙で呼び出されて以降、ぼくの幸せな高校生活は始まった。学校中を二人で巡った文化祭。夜風がちょっと寒かったクリスマス。お正月には揃って初詣。ぼくに「小さな誤解でやきもち焼いて口げんか」みたいな日が来るとは、実際、まるで思っていなかったのだ。――それなのに、小鳩君は機会があれば彼女そっちのけで謎解きを繰り広げてしまい……シリーズ第3弾。

    続きを読む
    • 〈小市民〉シリーズ 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      〈小市民〉シリーズ 全 5 巻

      2,630円(税込)
      26pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      『ぼく、小鳩常吾朗は、どこに出しても恥ずかしくない一介の小市民に過ぎない。』

      『無駄と思ったらやらないのがお前。それでもやってみるのが、おれなんだよ』

      『同じ三年を繰り返すのは嫌なんだよ。そう決め...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      あれれ、いつのまにか、小鳩くんにも小山内さんにも恋人(というにはあまりにも幼稚だけれど)ができてる~なんとまあ似合わないカップルだ。

      と、小鳩・小山内ペア最強と思っている私としては思ってしまうのでし...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      小佐内さんの意図は?仲丸さんみたいな積極的な女子が草食系男子に迫るときはからかってるか別の目的がある時なので、それはなんだろう…。女性の策略に気がついた時は大抵事が終わってる。気がつかず、結果として策...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001535214","price":"495"}]

    セーフモード