【最新刊】満願(新潮文庫)

満願(新潮文庫)

1冊

米澤穂信

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴(ざくろ)」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/19
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.9
    212
    5
    58
    4
    97
    3
    52
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/03/28Posted by ブクログ

      「病んだ人」は登場しない。
      皆、心に闇を飼っているだけ。

      闇は光の下では蠢きを捉えにくい。でもずっと眼の前に「ソレ」はある。

      突如そこに閃光を放ち、おぞましい「闇蟲」を照らしだす。

      目が眩んだ私...

      続きを読む
    • 2020/03/21Posted by ブクログ

      個人的にはあまり、引きつけられるものがなかった。淡々とした世界観は米澤さん作品ではお馴染みなのですが、そんな中でも気がつけば引きつけられてた、というものも多かったんですが。

    • 2020/03/09Posted by ブクログ

      ミステリーの短編集。
      最初の警察の話がすごく面白くて、あーこれが目玉かと思って、次を期待しないで読むとそれも面白くて、いやいや流石にって次を読むとそれも面白い。
      そんな感じですぐに読了。
      この人は短編...

      続きを読む
    開く

    セーフモード