【最新刊】満願(新潮文庫)

満願(新潮文庫)

米澤穂信

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「もういいんです」人を殺めた女は控訴を取り下げ、静かに刑に服したが……。鮮やかな幕切れに真の動機が浮上する表題作をはじめ、恋人との復縁を望む主人公が訪れる「死人宿」、美しき中学生姉妹による官能と戦慄の「柘榴(ざくろ)」、ビジネスマンが最悪の状況に直面する息詰まる傑作「万灯」他、「夜警」「関守」の全六篇を収録。史上初めての三冠を達成したミステリー短篇集の金字塔。山本周五郎賞受賞。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/01/19
    連載誌/レーベル
    新潮文庫
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2018/08/21Posted by ブクログ

      なんとも不気味な……

      6編の短編集

      夜警
      警察学校を出たばかりの新人警官「川藤」の不気味な性格

      死人宿
      会社で行き詰まり恋人と分かれて叔父の経営する民宿に仲居として勤め出す佐和子
      その佐和子を探...

      続きを読む
    • 2018/11/29Posted by ブクログ

      米澤穂信の著作を読むのは、『儚い羊たちの祝宴』以来久しぶりだ。短篇集は初めてである。『儚い-』を読んだときにも感じたことだが、米澤の描く小説世界は邪悪だ。一見ハートウォーミングな結末を予感させたりする...

      続きを読む
    • 2017/09/28Posted by ブクログ

      「いやミス」の女王といえば湊かなえと言われているが、『満願』を読んでしまえばその座を米澤穂信に、と思わずにはいられなくなる。

      どの短編も主人公の目線で物語が進み、伏線を丁寧になぞりながらザワザワとい...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001828330","price":"737"}]

    セーフモード