P+D BOOKS 親鸞 4 越後・東国の巻(上)

丹羽文雄

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    雪に閉ざされた越後で結ばれる親鸞と筑前。弾圧、非難と闘いながら、浄土真宗を創始し、あくまでも人間として生き抜いた親鸞の苦難の生涯を描く大作。第4巻「越後・東国の巻」(上)では、越後へ流された親鸞は、旧知の筑前と再会し、結ばれる。束の間の安息の生活の中、親鸞は深く閉ざされた雪の中で、虐げられている農民を救う仏の道について考え悩む。「仏の前に人間は全て平等である」とする親鸞の話は、民衆に大きな衝撃を与え、熱狂的な支持を受けるようになる。そんな時、京より越後配流の罪赦免の使者がやってくるが、親鸞は……。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード