P+D BOOKS 親鸞 1 叡山の巻

丹羽文雄

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    浄土真宗の創始者・親鸞。苦難の生涯を描く。 弾圧、非難と闘いながら、浄土真宗を創始し、あくまでも人間として生き抜いた親鸞の苦難の生涯を描く大作。 人心は乱れ、荒廃しきった平安末期、時の権力と結託した宗教界の腐敗、形式化は止まることを知らなかった……。 皇太后宮大進・日野有範の長男として京都日野に生まれた松若麿(親鸞)は、やがて比叡山に上り、出家して範宴(はんねん)と名乗る。 やがて民衆を救う真の仏の道は南都北嶺の諸大寺にはなく、俗聖の中にこそあると考えるようになった範宴は、苦悩の末、山を下りる決意を固める。 親鸞の苦難な生涯を壮大なスケールで描く4部作の第1巻。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード